A100|オープニングセレモニー|一流アスリートも実践している集中力を高める方法

①A100

②<オープニングセレモニー>

③12月23日(日)9:30~10:00

④3階多目的室

⑤一流アスリートも実践している集中力を高める方法

⑥長野雅弘 (東京都市大学客員教授)

⑦一流アスリートも実践している数秒で集中力を高め、緊張をとるしぐさをフロアの皆さんと体験します。

A101|次代を創る学習法~学びを育む生活習慣の確立と脳の活かし方~

①A101

②<基調講演>

③12月23日(日)10:00~11:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤次代を創る学習法~学びを育む生活習慣の確立と脳の活かし方~

⑥長野雅弘 (東京都市大学客員教授)
学校法人五島育英会理事・東京都市大学共通教育部客員教授・東京都市大学付属中学校・高等学校校長。

⑦1956年生まれ。私立中学校・高等学校校長職を16年(5校)、聖徳大学児童学部教授を6期務める。教育方法学、教育心理学、生徒指導、危機管理を専門とする。50冊の著作物があり、大学生の教科書が最新刊である。論文発表、新聞寄稿も多い。現在8つの学会に所属し、研究を進めている。


A102|AI時代のコンテンツとは

①A102

②<基調講演>

③12月23日(日)13:00~14:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤AI時代のコンテンツとは

⑥三宅陽一郎(ゲームAI開発者)

⑦AI時代のコンテンツは、コンテンツに人が合わせるのではなく、コンテンツが人に合わせるようになります。ソフトウェアは人工知能となり、人工知能はデータから人を理解することで、その人に「合った」コンテンツを届けるようになります。私はデジタルゲームの人工知能を専門としていますが、ゲームに内蔵された「メタAI」はユーザーを理解して、ゲームをユーザーに合わせて変化させます。しかし、この人工知能がコンテンツをユーザーに合わせる、という意味は学習や難易度のレベルをぴったり合わせる、という意味ではありません。教育もゲームも、ユーザーが今より高い目標に向かって、ステップアップして行く仕組みが必要です。その学習カーブが、それぞれのユーザで違っていて、違っていて当然なのです。ですから、人工知能の方がそれぞれの方に合わすのです。人工知能は、その人に合った試練を作り出します。そして、それぞれの人が少しずつ高みを目指せるように、その試練の形を微調整するのです。今回はそのようなコンテンツ、人工知能、人間の関係を、ご説明できればと思います。


A103|高校におけるEdTechの取組 学習指導から生活指導へ

①A103

②<基調講演>

③12月23日(日)15:00~16:00

④3階多目的室

⑤高校におけるEdTechの取組 学習指導から生活指導へ

⑥山本達也(茨城県立石岡商業高等学校教諭)

⑦1986年茨城県生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科で修士号(言語学)取得後,フィットネスクラブに勤務し,その後,県立鹿島高校で英語教員として教壇に立つ。現在の勤務校である石岡商業高校にて,スタディサプリを導入し,活用先進校に選ばれる。部活動であるハンドボール指導にも日々熱を入れている。文部科学省委託事業英語教育推進リーダー。日本スポーツ協会公認ハンドボール指導員。


A202|未来の学びとは(仮)

①A202

②<基調講演>

③12月23日(日)11:00~12:00

④3階多目的教室(定員150名)

⑤未来の学びとは(仮)

⑥石川一郎(聖ドミニコ学園カリキュラムマネージャー)

⑦聖ドミニコ学園 カリキュラムマネージャー、香里ヌヴェール学院学院長。21世紀型教育機構理事。
早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業。
前かえつ有明中・高等学校校長。著書に『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)、『2020年からの教師問題』(KKベストセラーズ/ベスト新書)がある。

A203|実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

①A203

②<特別講演>

③12月23日(日)12:00~13:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

⑥千葉工業大学|インターステラテクノロジーズ 稲川社長(調整中)、和歌山大学 秋山教授、千葉工業大学 和田准教授

⑦21世紀に入り、大学では超小型衛星や小型ロケットを使った宇宙教育が国内で実施されている。
しかし高校生以下では水ロケット等一日体験教室や、宇宙飛行士の講演会等の宇宙教育に留まっている。本講演では近年体制が整った高校生向けの缶サット甲子園やロケット甲子園等を通じ、プロジェクトマネジメントやシステムエンジニアリングに踏み込んだ実践的な宇宙STEM教育に関する紹介を行う。


A204|自分の受けたい介護ビジネスを起業・展開する

①A204

②<特別講演>

③12月23日(日)14:00~15:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤卒業からの起業へ〜自分の受けたい、家族に受けてもらいたい介護ビジネスを展開する〜
〔この後(15:00~16:00)204教室で「A344|「自分の受けたい介護ビジネスを起業・展開する」質疑応答」が行われます。〕

⑥左 敬真(ひだり ひろまさ)
社会福祉法人千歳会 理事長 左敬真
株式会社いきいきらいふ 代表取締役会長
社団法人日本介護協会 理事長

⑦1977年、東京生まれ。
芝浦工業大学大学院 建設工学科を修了。
学生時代に見学した特別養護老人ホームに衝撃を受け、介護の道へ。
2002年、24歳で大学院卒業と同時に(株)いきいきらいふ を起業。
訪問介護事業からスタートし、居宅介護支援事業所や、直営のデイサービスのほか、全国初となる入浴専門3時間デイサービス「いきいきらいふSPA」を展開。
フランチャイズビジネスとしても展開し、加盟店を募り急拡大し、業界以外からも注目を浴びる。
2009年からは社団法人日本介護協会を設立、理事長として「介護から日本を元気に!介護から日本をつくる!」を目的に、参加事業所数6500という介護業界最大級のイベント「介護甲子園」を主催。
介護を通じて日本を活性化させるための取り組みを積極的に行い、業界全体の改革に乗り出している。
2016年より社会福祉法人 千歳会の理事長に就任。
より広く深く、日本の介護福祉業界から全国を活性化するため奔走している。


A205|これからの教育が目指す未来の姿

①A205

②<パネルディスカッション>

③12月23日(日)16:00~17:30

④3階多目的室(定員150名)

⑤これからの教育が目指す未来の姿

⑥パネルディスカッション登壇者

・株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
代表取締役社長 磯津政明
・経済産業省 商務・サービスグループ
サービス政策課長補佐 教育産業室長補佐 柴田寛文
・株式会社COMPASS
CEO 神野元基
・一般社団法人 日本介護協会
理事長 左敬真
・クラウドエース株式会社
取締役会長 吉積礼敏

⑦テクノロジーが発展し、AIが今ある人の仕事の大半を担う社会が想定される中、未来で働く子どもたちに、これからの教育はどのような視点で行うべきか、コンテンツ企業の代表、IT企業の代表、介護団体の代表、行政関係者を交えて、「未来の教育」「これからの教育」についてパネルディスカッションを展開いたします。

B100|最新のキャリア教育世界事情

①B100

②<オープニングセレモニー>

③12月24日(月)9:30~10:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤最新のキャリア教育世界事情

⑥三村隆男(早稲田大学大学院教育学研究科教授)

⑦現在、世界各国を訪問中の三村先生に最新のキャリア教育世界事情をエピソードを交えお話いただきます。

B101|AI時代の到来とキャリア教育

①B101

②<基調講演>

③12月24日(月)10:00~11:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤AI時代の到来とキャリア教育

⑥三村隆男(早稲田大学大学院教育学研究科教授)

⑦24年間の高校教員経験を経て、2000年上越教育大学講師、2002年准(助)教授、その間、上越市内公立中学校スクールカウンセラーを8年間務める。2008年4月より現職。2018年カリフォルニア州立大学バークレー校Visiting Fellow。
学会認定キャリア・カウンセラー、学校心理士、上級教育カウンセラー
所属学会:国際キャリア教育・職業学会(IAEVG)、全米キャリア発達学会(NCDA)、アジアキャリア発達学会(ARACD)、日本キャリア教育学会、日本特別活動学会、日本産業教育学会、アメリカ教育学会、日本学校教育学会、日本教育カウンセラー学会、日本進路指導協会など。
学会役員:アジアキャリア発達学会(ARACD)副会長、日本キャリア教育学会会長, 一般社団法人日本スクールカウンセリング推進協議会副理事長


B103|AI時代の法整備「法はFintechやロボットとどう向き合うか」

①B103

②<基調講演>

③12月24日(月)15:00~16:00

④3階多目的教室(定員150名)

⑤AI時代の法整備「法はFintechやロボットとどう向き合うか」

⑥佐藤信行(中央大学法科大学院教授)

⑦概要
私たちが使っている法システムの基本は、17世紀から19世紀のヨーロッパにおいて、近代市民社会の登場に合わせて形成されましたが、当時、コンピュータ技術はまだありませんでした(現在に繋がるコンピュータの登場は、1940年代後半)。法はコンピュータを知らなかったのです。
そこで私たちは、コンピュータの発達に合わせて、個別法に部分的な修正を加えるという対応をしてきました。しかし今日、AIの発達から、部分修正では足りず、法システム全体見直しが必要であるとの考え方が登場しています。
この講演では、Fintechやロボットを例として、AIが法に与えるインパクトを検討し、近未来の法学教育を考えます。


B201|外国語教育へのAI活用の現場から ~サービス開発者とユーザーが語る活用実践報告~

①B201

②<特別講演>

③12月24日(月)11:00~12:00

④3階多目的室

⑤外国語教育へのAI活用の現場から~サービス開発者とユーザーが語る活用実践報告~

⑥株式会社増進堂・受験研究社、株式会社デジタル・ナレッジ 主任研究員 岡田健志
株式会社デジタル・ナレッジ ディレクター三堀将寛
ジョイズ株式会社 代表取締役, Founder & co-CEO 柿原祥之
インターカルト日本語学校 EdTechセンター 矢口奈緒子
日本大学高等学校・中学校 教諭 田中忠司

⑦昨今、あらゆるビジネスでAI(人工知能)が話題となり、教育分野でもAIを活用したサービスがいくつも見られるようになってきた。
一方で、AIについては「幻滅期」に入ったとされ、導入したけれども期待したような働きがなされていないという声もあがってきた。
このトークセッションでは、AIについての「期待」と「誤解」が密接にかかわり、本来の技術の活用が真っ当に行われない可能性を明らかにするために、サービス設計者と教育実践者(ユーザー)という多面的な立場のスピーカーがそれぞれの視点を語る。サービス提供側も2社(デジタル・ナレッジは『トレパ』、ジョイズは『Terratalk』)が教育実践に焦点をあててそれぞれの技術やコンセプトを語る。あまり例のない機会になることと思う。

B202|字幕甲子園2019 開催プレイベント

①B202

②<特別講演>

③12月24日(月)12:00~13:00

④3階多目的室

⑤字幕甲子園2019 開催プレイベント

⑥字幕甲子園実行委員会

⑦中学・高校生の英語4技能を映画コンテンツで競うイベント
「字幕甲子園2019」のご紹介をいたします。

B203|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①B203

②<特別講演>

③12月24日(月)14:00~15:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究書 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。
早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。
指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。

B204|「外国語教育と言語政策 未来の在り方」

①B204

②<パネルディスカッション>

③12月24日(月)16:00~17:30

④3階多目的室

⑤「外国語教育と言語政策 未来の在り方」

⑥パネルディスカッション登壇者
・ヒューマンアカデミー日本語学校 日本語講師 石川陽子
・神田外語大学 外国語学部英米語学科教授 矢頭典枝

⑦グローバルに社会活動が展開され、機械翻訳が進化する未来で外国語教育はどうあるべきか。多言語教育、日本語教育の専門家を交え、パネルディスカッションを展開いたします。