1104|教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

①1104

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)11:30~12:30

④302教室

⑤教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

⑥市野 敬介
NPO法人企業教育研究会 理事
千葉大学教育学部 非常勤講師
地域教育推進ネットワーク東京都協議会 プログラムアドバイザー

⑦ 持続可能な開発の教育におけるエネルギー教育や環境教育は、発電方法や節電・省エネだけでなく、電力を作り出す時に出る廃棄物のことも考える必要があります。これまで日本が使ってきた原子力発電でどうしてもリサイクルできない高レベル放射性廃棄物の処分問題は、理科・社会科・技術科・家庭科などの教科を横断する学習テーマです。
過去の世代から引き継いだゴミ問題に、私たちや次世代が意思決定を迫られる社会課題として、50分の授業で先生も生徒も一緒に考える授業を行います。
予備知識は必要ありません。小学校は各教科の授業の発展学習として、中学校では「主体的・対話的な、教科を横断した学習」として、高等学校では探究学習の題材として、新学期からの授業にお役立ていただけます。ぜひ、ご体験ください!

1177|情報モラルワークショップ

①1177

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)14:00~15:00

④203教室(定員35名)

⑤情報モラルワークショップ

⑥情報教育を考える会(はら研)(担当:教育ネット 宮川)

⑦情報モラルについてのワークショップを行います。
妖怪カードとすごろくを使ったワークショップです。
児童、生徒、保護者、現場の先生、教育委員会、企業など幅広い方々の参加をお待ちしております。

1128|いじめ防止プラットフォーム「STOPit」“助けたい、助けてほしい。そんなとき、いつでも相談できる環境を”

①1128

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)13:30~14:30

④302教室

⑤いじめ防止プラットフォーム「STOPit」“助けたい、助けてほしい。そんなとき、いつでも相談できる環境を”

⑥谷山 大三郎(ストップイットジャパン株式会社代表取締役)

⑦本セッションでは脱いじめ傍観者プログラム「私たちの選択肢」及び匿名報告相談アプリSTOPitの取り組みについて模擬授業等を通じてご紹介させていただきます。
「私たちの選択肢」は、メディアリテラシー教育やいじめに関する研究などを行っている千葉大学の藤川大祐教授を中心に、敬愛大学の阿部学講師、柏市教育委員会、ストップイットジャパン株式会社が連携をして開発されました。
クラスの雰囲気がいじめの発生に関わるという千葉大学、名古屋大学、静岡大学の共同研究成果を元に、子どもたちが「脱・傍観者」の視点に立ち、いじめの予防や解決方法を話し合い、考えることを目的としております。
(参考:http://www.stopit.jp/workshop
当日多くの方とお会いできることを楽しみにしております。


1304|プログラミングワークショップ(アリロとプログラミングカー)情報教育を考える会(はら研)

①1304

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:30~17:00

④203教室(定員35名)

⑤プログラミングワークショップ(アリロとプログラミングカー)情報教育を考える会

⑥情報教育を考える会(はら研)、アーテック(三宅)、教育ネット(大笹、米田)

⑦プログラミングワークショップ
プログラミング教育について(10分)
アリロでGO(40分)
プログラミングカーで競争(40分)

1162|3000円のフランス製関数電卓による小中校向けプログラミング教育実践事例と可能性

①1162

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)16:00~17:30

④305教室

⑤3000円のフランス製関数電卓による小中校向けプログラミング教育実践事例と可能性

⑥日高 正晃(一般社団法人教育デザイン研究所 主任研究員)
吉田 和夫(一般社団法人教育デザイン研究所代表)

⑦1.タブレットなどとの比較、特徴、実践してわかった良い点
2.塾や学校のサイエンスクラブでの利用例、子供たちの反応
3.価格と保守の容易さがもたらす、学校導入のメリット
4.文科省のプログラミング教育事例に基づく参加者の体験
5.質疑応答
※参加全員に4で利用するわかりやすいサンプルテキスト抜粋と実践の様子の写真を配布提供


1495|即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

①1495

②<学校・事例・授業紹介>

③12月23日(日)15:00~16:00

④403教室

⑤即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

⑥渡辺梓(キリロム工科大学)
黒瀬千尋(キリロム工科大学)

⑦世界が激しく変化し、ボーダレス化が進んでいる現在。産業革命4.0により、人々の職業も大きく変わろうとしています。そんな流れに押し流されず、自分で未来を開くグローバル人材を育てるには、どうすればいいのでしょうか。
日本人起業家がカンボジアの森の中に作ったキリロム工科大学では、すべて英語で行われる授業、企業・起業家との産学連携やスマートラーニングを通じて、生まれた環境に左右されず誰もが世界に羽ばたいていける力をつけることを目指しています。IT経験のない学生が、4年後に企業にとって即戦力の大人になれる、その学び方とは。


1353|ドローン体験

①1353

②<体育館>

③12月23日(日)

④体育館

⑤ドローンプログラミング体験

⑥夢デザイン総合研究所(木村裕文)

⑦ドローンプログラミング体験を行います。
数台のドローンを飛ばしての競技も行う予定です。
1学校動画撮影用ドローンの実演
2ドローンプログラミングの実演
3実際の学校撮影動画をプロジェクターにて提示
4ドローンプログラミングの様子をプロジェクターにて動画で提示
5マイクスピーカーを使って説明や動画音声をながします

1144|地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

①1144

②<ミニセミナー>

③12月24日(月)13:30-13:45

④203

⑤地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

⑥株式会社JTB情報システム 二子石恭寛、小井戸大輔

⑦地理や歴史の授業に欠かせない地図
ICTの技術を活用し、読むだけの地図から、体験する地図に変えてみませんか
手書きの地図や古地図であっても自分の位置情報を正確に表示します。
調査や学習をしたことをデジタルマップとして作成することができます。
例えば自分たちの学校の周りを調査して、手書きの地図を作成
その地図を自分たちでデジタルマップに仕上げてみんなで実際に歩き回る体験学習ができます。

 

1306|地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

①1306

②<ミニセミナー>

③12月23日(日)13:30-13:45

④203

⑤地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

⑥株式会社JTB情報システム 二子石恭寛、小井戸大輔

⑦地理や歴史の授業に欠かせない地図
ICTの技術を活用し、読むだけの地図から、体験する地図に変えてみませんか
手書きの地図や古地図であっても自分の位置情報を正確に表示します。
調査や学習をしたことをデジタルマップとして作成することができます。
例えば自分たちの学校の周りを調査して、手書きの地図を作成
その地図を自分たちでデジタルマップに仕上げてみんなで実際に歩き回る体験学習ができます。

 

1333|字幕甲子園2019 開催プレイベント

①1333

②<特別講演>

③12月24日(月)12:00~13:00

④3階多目的室

⑤字幕甲子園2019 開催プレイベント

⑥字幕甲子園実行委員会

⑦中学・高校生の英語4技能を映画コンテンツで競うイベント
「字幕甲子園2019」のご紹介をいたします。

1239|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①1239

②<特別講演>

③12月24日(月)14:00~15:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥米田謙三(関西学院千里国際中・高等学校、日本アクティブ・ラーニング学会 会長
西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究所 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。
早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。
指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。


1188|全国の学校様向け特別プラン「社会貢献プログラム2」のご案内!人型ロボットで子どもたちに最先端の学びを!

①1188

②<企業セミナー>

③12月24日(月)13:30~14:30

④203教室(20組40名様)

⑤全国の学校様向け特別プラン「社会貢献プログラム2」のご案内!
人型ロボットで子どもたちに最先端の学びを!

⑥ソフトバンク株式会社

⑦人型ロボットで子どもたちに最先端の学びを!
人型ロボット「Pepper」を使ったプログラミングの体験や実際にプログラミングツールを操作し目の前のPepperを動かしてみよう!

1442|教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

①1442

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)11:30~12:30

④302教室

⑤教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

⑥市野 敬介
NPO法人企業教育研究会 理事
千葉大学教育学部 非常勤講師
地域教育推進ネットワーク東京都協議会 プログラムアドバイザー

⑦ 持続可能な開発の教育におけるエネルギー教育や環境教育は、発電方法や節電・省エネだけでなく、電力を作り出す時に出る廃棄物のことも考える必要があります。これまで日本が使ってきた原子力発電でどうしてもリサイクルできない高レベル放射性廃棄物の処分問題は、理科・社会科・技術科・家庭科などの教科を横断する学習テーマです。
過去の世代から引き継いだゴミ問題に、私たちや次世代が意思決定を迫られる社会課題として、50分の授業で先生も生徒も一緒に考える授業を行います。
予備知識は必要ありません。小学校は各教科の授業の発展学習として、中学校では「主体的・対話的な、教科を横断した学習」として、高等学校では探究学習の題材として、新学期からの授業にお役立ていただけます。ぜひ、ご体験ください!

1219|東京外国語大学・神田外語大学共同開発の無料ウェブ教材「世界の英語モジュール」の紹介

①1219

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)14:00〜15:00

④207教室

⑤東京外国語大学・神田外語大学共同開発の無料ウェブ教材「世界の英語モジュール」の紹介

⑥矢頭典枝(神田外国語大学 外国語学部英米語学科 教授)

⑦日本の英語教育の現場には、世界中から外国人がやってきて英語を教えています。日本の英語教育ではアメリカ英語を規範としていますが、日本の英語学習者たちだけでなく英語教育に従事する人々は、近年加速する英語の多様性を前向きにとらえ、アメリカ英語以外の英語は「間違い」であるという認識を改めるときに来ています。「世界の英語モジュール」(通称「英語モジュール」)は、大学生だけでなく、英語教員、高校生、社会人など、幅広い層の日本の人々が、世界の様々な英語の違いを体系的に学習することを可能にするツールです。これを活用してアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、カナダ英語、シンガポール英語、アイルランド英語を聴き比べてみましょう!


1183|ビジュアル・リテラシーを育もう!ーiPadで映像制作

①1183

②未来の授業

③12月24日(日)13:30〜15:00

④203教室

⑤ビジュアル・リテラシーを育もう!ーiPadで映像制作

⑥中村純子(東京学芸大学 国語科教育分野 准教授)

⑦YouTubeやInstagramなどSNSを活用して手軽に映像を制作して発信できる時代になりました。
国際バカロレアをはじめ英米圏のカリキュラムでは国語にあたる教科で「読み・書き・話す・聞く」に「見る・見せる」ことが入っています。
皆さんも、映像情報をクリティカルに読み解き、自由に表現する手法を学んでみませんか。ワークショップではiPadを使って映像制作を体験していただきます。

1269|不登校がなくなる魔法のセミナー「おはなしワクチン」

①1269

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)14:00~15:00

④302教室

⑤不登校がなくなる魔法のセミナー「おはなしワクチン」

⑥一般財団法人東京サドベリースクール

⑦【おはなしワクチンとは】
「おはなしワクチン」講師 蓑田雅之
「おはなしワクチン」の効果を一言でいうと「子どもが嫌がっているなら、学校には通う必要がないこと」を理解することです。義務教育といわれますが、子どもの通学義務は、憲法にも法律にも記されていません。もともと子どもには学校に通う義務がない。それを無理やり通わせようとするから、「不登校」の問題が生じてくるのです。
なぜ、学校に通わなくていいのか。学校に通わない子どもの将来はどうなるのか。学校以外の多様な学び、オルタナティブスクールやフリースクール、ホームエデュケーションなどの事例を紹介しながら、「不登校」に関する不安や悩みを一つずつ紐解いて、解消していきます。それと同時に、自ら考え、行動できる自立した人間を育てるために、保護者はどのような関係性で子どもに接すればいいかなど、教育の根本のお話しをさせていただきます。
いま、学校に元気に通っているお子さんでも、いつ不登校になるか分かりません。それはある日、突然やってきます。そのとき、「おはなしワクチン」を聞いているのといないのとでは、不登校に対する対処が180度変わってきます。
親とは何か、学校とは何か、学ぶとは何か、といった深い問題に触れますが、一方的な「お勉強」のようなセミナーではなく、問題提起を中心に、みんなで話し合い、考えていけるものにしていきたいと考えています。


1271|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①1271

②<企業セミナー>

③12月24日(月)15:00~16:00

④303教室

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究所 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。

1321|できたことノート実践講座

①1321

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)15:00~16:00

④306教室

⑤できたことノート実践講座

⑥永谷研一(株式会社ネットマン代表取締役社長 情報コミュニケーション学会評議員)

⑦自己肯定感を高め行動力を向上させる手法として開発されたメソッド。書籍として、2016年「1日5分 ”よい習慣”を無理なく身につける できたことノート」、2017年「できたこと手帳」、2018年「月イチ10分できたことを振り返りなさい」が出版されたことで、個人の実践はもちろん、親子での実践、学校での実践など幅広い活用がされています。今回のセミナーでは実際の活用法といくつかの事例を紹介します。


1272|マインクラフトプログラミングをYouTubeで学ぼう

①1272

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)15:00~16:00

④305教室

⑤マインクラフトプログラミングをYouTubeで学ぼう

⑥安藤 昇(佐野日本大学高等学校)・ドゥラゴ英理花(武蔵野大学附属千代田高等学院)

⑦マイクロソフトの開発したプログラミング学習環境MakeCodeを用いて教育版マインクラフトの学習方法をYouTube動画を交えて解説します。


1467|世界を巡りながら学ぶ高校生活~グローバルクエストコース/「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ~Global Learners Institute晴海

①1467

②<学校・事例・授業紹介>

③12月24日(月)13:30~14:30

④403教室

⑤世界を巡りながら学ぶ高校生活~グローバルクエストコース/「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ~Global Learners Institute晴海

⑥大庭 玄徳(株式会社ジプロス 精華学園高等学校錦糸町校 副校舎長 兼グローバルクエストコースマネージャー)
株式会社ジプロス(GLI担当 門田幸二)
株式会社ジプロス (代表 石井武史)

⑦通信制高校のスキームを活用した、国内だけではなく世界を巡って学ぶグローバルクエストコースの紹介。
カンボジアでは英語とITに触れ、フィリピンでは孤児院などで社会課題に触れ、オーストラリア、コスタリカではエコ社会を学び、アメリカ、イギリス、カナダなどの欧米では、進学も視野に学べます。
GLIではイマージョン教育を実践。
英語で探究、プログラミング、ワークショップを実践。幼少期から学べます。


1395|カンボジアスタディツアー最前線 中高生が変わる!キリロム‘探求型’ツアーとは。

①1395

②<学校・事例・授業紹介>

③12月24日(月)15:00~16:00

④403教室

⑤カンボジアスタディツアー最前線 中高生が変わる!キリロム‘探求型’ツアーとは。

⑥渡辺梓(キリロム工科大学)
黒瀬千尋(キリロム工科大学)

⑦行き先や内容がどんどん多様化している、中学・高校のスタディツアー。
プノンペンから2時間半のキリロム国立公園で「SDGsを実現する都市開発」を行っているvキリロムネイチャーシティでは、最先端エンジニアを目指すキリロム工科大学の学生との学びやダンス大会を通した交流、アクティブラーニングなど、異文化体験にとどまらないスタディツアーを実施しています。 「自分が変わった!」「世界が違って見える!」そんな体験を、たくさんの中高生にしてもらいたいと思っています。
まずはキリロムネイチャーシティの事業と、キリロムツアーを事例に基づいてご紹介。
その後、来年度のスタディツアーをキリロムで実施することを決められた順天中学校の小林光一先生にもご登壇いただき、キリロムでツアーを行うことの意義について語ります。


1337|地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

①1337

②<ミニセミナー>

③12月23日(日)11:15-11:30

④203

⑤地理・歴史だけじゃない、体験学習に使えるデジタルマップ

⑥株式会社JTB情報システム 二子石恭寛、小井戸大輔

⑦地理や歴史の授業に欠かせない地図
ICTの技術を活用し、読むだけの地図から、体験する地図に変えてみませんか
手書きの地図や古地図であっても自分の位置情報を正確に表示します。
調査や学習をしたことをデジタルマップとして作成することができます。
例えば自分たちの学校の周りを調査して、手書きの地図を作成
その地図を自分たちでデジタルマップに仕上げてみんなで実際に歩き回る体験学習ができます。

 

1451|AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ

①1451

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)12:00~12:50

④203教室

⑤AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ

⑥服部聖彦(埼玉工業大学准教授)

⑦AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ