A103|高校におけるEdTechの取組 学習指導から生活指導へ

①A103

②<基調講演>

③12月23日(日)15:00~16:00

④3階多目的室

⑤高校におけるEdTechの取組 学習指導から生活指導へ

⑥山本達也(茨城県立石岡商業高等学校教諭)

⑦1986年茨城県生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科で修士号(言語学)取得後,フィットネスクラブに勤務し,その後,県立鹿島高校で英語教員として教壇に立つ。現在の勤務校である石岡商業高校にて,スタディサプリを導入し,活用先進校に選ばれる。部活動であるハンドボール指導にも日々熱を入れている。文部科学省委託事業英語教育推進リーダー。日本スポーツ協会公認ハンドボール指導員。


A339|実践型宇宙STEM教育パネルディスカッション

①A339

②<特別教室セミナー>

③12月23日(日)15:00~16:00

④207教室(定員35名)

⑤実践型宇宙STEM教育パネルディスカッション

⑥千葉工業大学|高校生、大学生、高校教諭、大学教員、宇宙兄さんズ

⑦実践型宇宙-STEM教育に参加した高校生、大学生と指導に当たった教員、宇宙教育をテーマに活動中の宇宙兄さんズらがパネラーとして登壇。
実践型宇宙-STEM教育がもたらす未来についてディスカッションを開催。
高校生、大学生は実体験に基づき、宇宙STEM教育の面白さを紹介、指導教員の視点からは教育効果について、宇宙兄さんズからは宇宙STEM教育の魅力について語る。


A342|情報教育を考える会(はら研)

①A342

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④206教室(定員35名)

⑤プログラミング教育とロボット・ドローン体験

⑥情報教育を考える会(はら研)

⑦プログラミング教育とロボット・ドローン体験

A344|「自分の受けたい介護ビジネスを起業・展開する」質疑応答

①A344

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④204教室

⑤「自分の受けたい介護ビジネスを起業・展開する」の質疑応答

⑥一般社団法人 日本介護協会(左理事長)

⑦直前(14:00~15:00)に「3階多目的室」で行われる「A204|自分の受けたい介護ビジネスを起業・展開する」についての補足や質疑応答を中心に、より理解を深めて頂きたいと思っております。

A350|高等教育問題研究会 FMICS ワークショップ~あなたとわたしの明るい未来の大学~

①A350

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~17:30

④306教室

⑤高等教育問題研究会 FMICS ワークショップ
~あなたとわたしの明るい未来の大学~

⑥高等教育問題研究会(FMICS)

⑦ワークショップでは、大学を元気にしたいという視座により、多面的・多角的に明るい未来の大学のイメージを発表いたします。グループワークでは、参加者全員が参画し、それぞれの発表内容をより具現化するとともに見える化します。


第1回 未来の教育コンテンツEXPO
〜明るい未来を目指すための教育コンテンツとは〜
高等教育問題研究会FMICS ワークショップ
あなたとわたしの明るい未来の大学

 

【日時】
2018年12月23日(日)15時~17時30分

 

【会場】
村田女子高等学校 306教室

 

【プログラム】
15:00 受付
15:15 挨拶 解題
高橋真義(高等教育問題研究会FMICS代表・桜美林大学名誉教授)
15:30 未来の入試
出光直樹(横浜市立大学 アドミッションズセンター准教授)
15:40 未来の学び
長谷川克也(宇宙航空研究開発機構・医学博士)
15:50 未来の図書館
長谷川豊祐(図書館笑顔プロジェクト・慶應大学非常勤講師)
16:00 未来のキャンパス
平嶋はるか((株)竹中工務店 医療福祉・教育本部 教育グループ)
16:10 休憩・移動
16:20 グループワーク
明るい未来の大学を語り合う
ファシリテーター 米田敬子(文教大学生活科学研究所)
17:00 グループ報告
参加者感想
17:15 閉会挨拶 高橋真義
17:20 閉会

 

【発表・参加申込】
事前参加申込み開始は10月下旬を予定しています
MiRACON参加申込みフォームで入力いただくと、ご登録いただいたメールアドレス宛に内容確認メールをお送りします。このメールをスマホ等で確認できるようにして持参いただければ無料でご参加いただけます。

 

【参加費】 事前登録無料 当日1,000円

 

《高等教育問題研究会FMICS》
FMICS(フミックス)とは、”Fusion for the Management of Independent Colleges and Schools”の頭文字をとった名称です。「高等教育問題研究会」や「まずはじめよう会」ともいいます。
1981年3月14日(土)、私学会館にて第1回「まずはじめよう会」が開催されました。2018年9月現在、毎月開催される例会は704回、年1回開催されるシンポジウムは34回となります。会誌「BIGEGG」は毎月、手作業で会員に発送しています。38年間、大学を元気にするための、「ミッション・パッション・アクション」を束ねてまいります。
会員数は約300名、国公私立大学の教員職員学生をはじめとする大学関係者、各種団体・民間企業・官公庁など、様々な方々が参加されています。

 

《主な内容・形式》
ワークショップでは、大学を元気にしたいという視座により、多面的・多角的に明るい未来の大学のイメージを発表いたします。
グループワークでは、参加者全員が参画し、それぞれの発表内容をより具現化するとともに見える化します。

 

《当日の進め方》
参加者全員が参画するプログラムとします。参加者は、解題、4名の発表を聴き、それぞれに気づいたことなどをカード(ポストイット)に記入します。
4名の発表者をリーダーとして、4グループを編成します。カードを縦横無尽に動かしながら全員でディスカッションし、あなたとわたしの明るい未来の大学をイメージします。
最後に、未来の大学を見える化し、グループごとに報告を行い、情報を共有します。

 

【問い合わせ】
yoneda@fmics.org 担当:米田敬子

A351|授業・教育でコミュニケーションロボットをどのように使うか? -4年間の取り組みを踏まえて-

①A351

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④305教室

⑤授業・教育でコミュニケーションロボットをどのように使うか?-4年間の取り組みを踏まえて-

⑥坂田信裕(獨協医科大学 情報教育部門 教授)
坂本洋子(獨協医科大学 語学・人文教育部門)

⑦コミュニケーションロボット(ロボット)を授業や教育の中でどのように活用できるか、2014年度から取り組んできた。授業では、ロボットをきっかけとして、テクノロジーを学ぶ形や、具体的な課題解決を考える形、さらに知識を得る学びのパートナーとする形などを行ってきた。その中から、ロボットの存在感を活かすことが、用いるうえで重要であると考えている。今回、ロボットを授業・教育で用いてきた4年間の知見を紹介する。


A353|マイプロジェクトー主体的な探究学習の可能性

①A353

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④304教室

⑤マイプロジェクトー主体的な探究学習の可能性

⑥竹田和広(マイプロジェクト関東事務局 事務局長)
田島梨央(NPO法人カタリバ インターン)

⑦高校生の探究型学習を支える方向けに「どうすれば、生徒が主体的に取り組めるテーマを見つけ、探究できる環境を作れるのか」という切り口で情報交換ができる機会を創ります。具体的には、②「マイプロジェクト」に取り組んだ生徒・団体によるプレゼン③実際にマイプロジェクトを生み出す際のワークを体験できる場を提供する予定です。

<申し込みURL>http://ur0.link/NiI9

A354|AI・VRを活用した大学キャリア教育の効果について

①A354

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④302教室

⑤AI・VRを活用した大学キャリア教育の効果について

⑥岡崎浩二(女子美術大学・短期大学 教員)

⑦2017年度より女子美術大学のキャリア形成科目では、AI・VRを活用している。AIについては、チャットボットを通じて、365日24時間いつでもキャリア相談が可能な体制を整えた。VRについては、360度動画を通じて、仕事紹介や面接練習を行なっている。AI・VRの導入背景やコスト、具体的な授業内容や教育効果について発表したいと思う。また、現在構想中のVtuberによる授業についても触れたいと思う。


A356|NPO法人英語運用能力評価協会 英語教育セミナー 2018 

①A356

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④301教室

⑤NPO法人英語運用能力評価協会 英語教育セミナー 2018
「英語の語順トレーニング」と音声教育 ~4技能の向上を見据え~

⑥飯野 厚(法政大学 経済学部教授)

⑦音声トレーニングを用いた授業の研究者である飯野厚先生をお招きし、音読やシャドーイングなどのスピーキング練習が、語順の定着にどのような役割を果たすのかについて、お話しいただきます。

※事前にお申し込みが必要となります。
http://npo-elpa.org/seminar/seminar_20181223/

A408|即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

①A408

②<学校・事例・授業紹介>

③12月23日(日)15:00~16:00

④403教室

⑤即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

⑥渡辺梓(キリロム工科大学)
黒瀬千尋(キリロム工科大学)

⑦世界が激しく変化し、ボーダレス化が進んでいる現在。産業革命4.0により、人々の職業も大きく変わろうとしています。そんな流れに押し流されず、自分で未来を開くグローバル人材を育てるには、どうすればいいのでしょうか。
日本人起業家がカンボジアの森の中に作ったキリロム工科大学では、すべて英語で行われる授業、企業・起業家との産学連携やスマートラーニングを通じて、生まれた環境に左右されず誰もが世界に羽ばたいていける力をつけることを目指しています。IT経験のない学生が、4年後に企業にとって即戦力の大人になれる、その学び方とは。