1163|実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

①1163

②<特別講演>

③12月23日(日)12:00~13:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

⑥千葉工業大学|インタステラテクノロジズ 稲川貴大社長、和歌山大学 秋山教授、千葉工業大学 和田准教授

⑦21世紀に入り、大学では超小型衛星や小型ロケットを使った宇宙教育が国内で実施されている。
しかし高校生以下では水ロケット等一日体験教室や、宇宙飛行士の講演会等の宇宙教育に留まっている。本講演では近年体制が整った高校生向けの缶サット甲子園やロケット甲子園等を通じ、プロジェクトマネジメントやシステムエンジニアリングに踏み込んだ実践的な宇宙STEM教育に関する紹介を行う。


1104|教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

①1104

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)11:30~12:30

④302教室

⑤教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

⑥市野 敬介
NPO法人企業教育研究会 理事
千葉大学教育学部 非常勤講師
地域教育推進ネットワーク東京都協議会 プログラムアドバイザー

⑦ 持続可能な開発の教育におけるエネルギー教育や環境教育は、発電方法や節電・省エネだけでなく、電力を作り出す時に出る廃棄物のことも考える必要があります。これまで日本が使ってきた原子力発電でどうしてもリサイクルできない高レベル放射性廃棄物の処分問題は、理科・社会科・技術科・家庭科などの教科を横断する学習テーマです。
過去の世代から引き継いだゴミ問題に、私たちや次世代が意思決定を迫られる社会課題として、50分の授業で先生も生徒も一緒に考える授業を行います。
予備知識は必要ありません。小学校は各教科の授業の発展学習として、中学校では「主体的・対話的な、教科を横断した学習」として、高等学校では探究学習の題材として、新学期からの授業にお役立ていただけます。ぜひ、ご体験ください!

1426|実践型宇宙STEM教育パネルディスカッション

①1426

②<特別教室セミナー>

③12月23日(日)15:00~16:00

④207教室(定員35名)

⑤実践型宇宙STEM教育パネルディスカッション

⑥千葉工業大学|高校生、大学生、高校教諭、大学教員、宇宙兄さんズ

⑦実践型宇宙-STEM教育に参加した高校生、大学生と指導に当たった教員、宇宙教育をテーマに活動中の宇宙兄さんズらがパネラーとして登壇。
実践型宇宙-STEM教育がもたらす未来についてディスカッションを開催。
高校生、大学生は実体験に基づき、宇宙STEM教育の面白さを紹介、指導教員の視点からは教育効果について、宇宙兄さんズからは宇宙STEM教育の魅力について語る。


1495|即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

①1495

②<学校・事例・授業紹介>

③12月23日(日)15:00~16:00

④403教室

⑤即戦力の大人になる! ー最先端エンジニアになれるキリロム工科大学方式の学び方ー

⑥渡辺梓(キリロム工科大学)
黒瀬千尋(キリロム工科大学)

⑦世界が激しく変化し、ボーダレス化が進んでいる現在。産業革命4.0により、人々の職業も大きく変わろうとしています。そんな流れに押し流されず、自分で未来を開くグローバル人材を育てるには、どうすればいいのでしょうか。
日本人起業家がカンボジアの森の中に作ったキリロム工科大学では、すべて英語で行われる授業、企業・起業家との産学連携やスマートラーニングを通じて、生まれた環境に左右されず誰もが世界に羽ばたいていける力をつけることを目指しています。IT経験のない学生が、4年後に企業にとって即戦力の大人になれる、その学び方とは。


1442|教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

①1442

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)11:30~12:30

④302教室

⑤教科横断型のエネルギー教育、環境教育 ~高レベル放射性廃棄物を題材に~

⑥市野 敬介
NPO法人企業教育研究会 理事
千葉大学教育学部 非常勤講師
地域教育推進ネットワーク東京都協議会 プログラムアドバイザー

⑦ 持続可能な開発の教育におけるエネルギー教育や環境教育は、発電方法や節電・省エネだけでなく、電力を作り出す時に出る廃棄物のことも考える必要があります。これまで日本が使ってきた原子力発電でどうしてもリサイクルできない高レベル放射性廃棄物の処分問題は、理科・社会科・技術科・家庭科などの教科を横断する学習テーマです。
過去の世代から引き継いだゴミ問題に、私たちや次世代が意思決定を迫られる社会課題として、50分の授業で先生も生徒も一緒に考える授業を行います。
予備知識は必要ありません。小学校は各教科の授業の発展学習として、中学校では「主体的・対話的な、教科を横断した学習」として、高等学校では探究学習の題材として、新学期からの授業にお役立ていただけます。ぜひ、ご体験ください!

1467|世界を巡りながら学ぶ高校生活~グローバルクエストコース/「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ~Global Learners Institute晴海

①1467

②<学校・事例・授業紹介>

③12月24日(月)13:30~14:30

④403教室

⑤世界を巡りながら学ぶ高校生活~グローバルクエストコース/「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ~Global Learners Institute晴海

⑥大庭 玄徳(株式会社ジプロス 精華学園高等学校錦糸町校 副校舎長 兼グローバルクエストコースマネージャー)
株式会社ジプロス(GLI担当 門田幸二)
株式会社ジプロス (代表 石井武史)

⑦通信制高校のスキームを活用した、国内だけではなく世界を巡って学ぶグローバルクエストコースの紹介。
カンボジアでは英語とITに触れ、フィリピンでは孤児院などで社会課題に触れ、オーストラリア、コスタリカではエコ社会を学び、アメリカ、イギリス、カナダなどの欧米では、進学も視野に学べます。
GLIではイマージョン教育を実践。
英語で探究、プログラミング、ワークショップを実践。幼少期から学べます。


1395|カンボジアスタディツアー最前線 中高生が変わる!キリロム‘探求型’ツアーとは。

①1395

②<学校・事例・授業紹介>

③12月24日(月)15:00~16:00

④403教室

⑤カンボジアスタディツアー最前線 中高生が変わる!キリロム‘探求型’ツアーとは。

⑥渡辺梓(キリロム工科大学)
黒瀬千尋(キリロム工科大学)

⑦行き先や内容がどんどん多様化している、中学・高校のスタディツアー。
プノンペンから2時間半のキリロム国立公園で「SDGsを実現する都市開発」を行っているvキリロムネイチャーシティでは、最先端エンジニアを目指すキリロム工科大学の学生との学びやダンス大会を通した交流、アクティブラーニングなど、異文化体験にとどまらないスタディツアーを実施しています。 「自分が変わった!」「世界が違って見える!」そんな体験を、たくさんの中高生にしてもらいたいと思っています。
まずはキリロムネイチャーシティの事業と、キリロムツアーを事例に基づいてご紹介。
その後、来年度のスタディツアーをキリロムで実施することを決められた順天中学校の小林光一先生にもご登壇いただき、キリロムでツアーを行うことの意義について語ります。