A202|未来の学びとは(仮)

①A202

②<基調講演>

③12月23日(日)11:00~12:00

④3階多目的教室(定員150名)

⑤未来の学びとは(仮)

⑥石川一郎(聖ドミニコ学園カリキュラムマネージャー)

⑦聖ドミニコ学園 カリキュラムマネージャー、香里ヌヴェール学院学院長。21世紀型教育機構理事。
早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業。
前かえつ有明中・高等学校校長。著書に『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)、『2020年からの教師問題』(KKベストセラーズ/ベスト新書)がある。

A203|実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

①A203

②<特別講演>

③12月23日(日)12:00~13:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤実践型宇宙STEM教育がもたらす未来

⑥千葉工業大学|インターステラテクノロジーズ 稲川社長(調整中)、和歌山大学 秋山教授、千葉工業大学 和田准教授

⑦21世紀に入り、大学では超小型衛星や小型ロケットを使った宇宙教育が国内で実施されている。
しかし高校生以下では水ロケット等一日体験教室や、宇宙飛行士の講演会等の宇宙教育に留まっている。本講演では近年体制が整った高校生向けの缶サット甲子園やロケット甲子園等を通じ、プロジェクトマネジメントやシステムエンジニアリングに踏み込んだ実践的な宇宙STEM教育に関する紹介を行う。


A318|自治体によるICT利活用の実践と効果検証(予定)

①A318

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)11:00~13:00

④205教室

⑤自治体によるICT利活用の実践と効果検証(予定)

⑥日本アクティブ・ラーニング学会 ICT教育研究部会

⑦複数の自治体におけるICTを活用した実践事例の紹介と効果検証の発表を行う予定です。

A328|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①A328

②<企業セミナー>

③12月24日(月)15:00~16:00

④303教室

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究書 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。

A330|「2030年のアクティブ・ラーニング」について語ろう

①A330

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)13:30~14:30

④205教室

⑤「2030年のアクティブ・ラーニング」について語ろう

日本アクティブ・ラーニング学会 ビジョン委員会

日本アクティブ・ラーニング学会は昨年出来た新しい学会です。
「アクティブ・ラーニング」についての研究や実践報告の活動をしています。
今回、日本アクティブ・ラーニング学会 ビジョン委員会では「学習者にどのような「学び」が起こればいいのか?」をテーマに学会員・非学会員を問わず議論を行いたいと思います。


A336|授業支援システムschoolTaktを使った「みんなで学び合う」学習環境(仮)

①A336

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)13:30~14:30

④304教室

⑤ 授業支援システムschoolTaktを使った「みんなで学び合う」学習環境(仮)

⑥株式会社コードタクト

⑦ schoolTaktは、一斉授業・協働学習・反転授業どんなスタイルにもフィットし、端末など機種を問わず利用できる授業支援システムです。
生徒の学習状況をリアルタイムに把握でき、解答を共有することで「みんなで学び合う」学習環境を構築できます。

A353|マイプロジェクトー主体的な探究学習の可能性

①A353

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~16:00

④304教室

⑤マイプロジェクトー主体的な探究学習の可能性

⑥竹田和広(マイプロジェクト関東事務局 事務局長)
田島梨央(NPO法人カタリバ インターン)

⑦高校生の探究型学習を支える方向けに「どうすれば、生徒が主体的に取り組めるテーマを見つけ、探究できる環境を作れるのか」という切り口で情報交換ができる機会を創ります。具体的には、②「マイプロジェクト」に取り組んだ生徒・団体によるプレゼン③実際にマイプロジェクトを生み出す際のワークを体験できる場を提供する予定です。

<申し込みURL>http://ur0.link/NiI9

A357|ESDの授業

①A357

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)16:00~17:30

④205教室

⑤ESDの授業

⑥長岡素彦 (一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事/ESDJ)

⑦ESD持続可能な開発のための教育の内容、新学習指導要領やSDGs持続可能な開発目標との関係などの解説と実際の授業を行う。
ESD持続可能な開発のための教育の小学校の実際の授業(学習指導要領にもとづく授業案)を行う。

A358|交渉学入門

①A358

②<企業セミナー>

③12月23日(日)16:00~17:30

④203教室

⑤交渉学入門

⑥積才房 櫻井淳二

⑦交渉学は、問題解決のための対話の思想と技術の体系です。私たち人間は、生まれ育った環境により異なる文化的背景を持って生きています。人間が集まってできるグループ(企業や国家、民族など)は、言語や宗教、倫理観、価値観、利害が異なります。私たちがお互いの相違を認めることなく、自分の主張だけを貫こうすれば争いが生じます。人間の歴史はその繰り返しです。交渉学が、対話によって目指す「賢明な合意」(Wise Agreement)とは、近江商人の「三方よし」の思想に近いものです。それは、「売り手」「買い手」「世間」の全てを満足させる合意を形成することです。自分が主張するだけでなく、相手の言い分もよく聞き、お互いにWIN-WINの関係を築き、同時にその関係が両者を取り巻く社会にも受け入れられるような対話をする、こうした理念とスキルを持つことで、私たちがよりよい未来を創る可能性が広がります。

B202|字幕甲子園2019 開催プレイベント

①B202

②<特別講演>

③12月24日(月)12:00~13:00

④3階多目的室

⑤字幕甲子園2019 開催プレイベント

⑥字幕甲子園実行委員会

⑦中学・高校生の英語4技能を映画コンテンツで競うイベント
「字幕甲子園2019」のご紹介をいたします。

B203|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①B203

②<特別講演>

③12月24日(月)14:00~15:00

④3階多目的室(定員150名)

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究書 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。
早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。
指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。

B309|哲学対話を起点にした授業実践の事例と今後の展望

①B309

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)10:00~11:00

④306教室

⑤哲学対話を起点にした授業実践の事例と今後の展望

⑥角田将太郎(NPO法人こども哲学・おとな哲学アーダコーダ 事務局)
盛岡千帆(立教大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程前期課程)

⑦哲学対話は20世紀欧米の学校教育で大きく流行し、日本でも2012年から開智学園中学・高等学校で「哲学対話」科が新設され、2013年からはお茶の水女子大学附属小で「てつがく」科が新設される等、ここ数年で急速な広がりを見せる対話的な探求プログラムである。今回は国内外の小中高での哲学対話を用いた様々な授業実践ついて「各科目での導入事例」と「その効果と課題」について紹介し、今後の展望について発表する。


B335|アクティブ・ラーニングで日本語学習「あなたは日本で何したい?」~実社会で生きる日本語~

①B335

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)13:30~14:30

④306教室

⑤アクティブ・ラーニングで日本語学習「あなたは日本で何したい?」~実社会で生きる日本語~

⑥石川陽子/竹丸勇二(ヒューマンアカデミー日本語学校東京校 講師)

⑦当校では、教師が日本語の文法を説明することはありません。教室の中で教師はファシリテーターとなり、学習者は、学習者同士の能動的、自立的な活動によって日本語を学んでいます。
学習者は「日本語が分かる」に留まらず、「日本語で何ができるようになりたいか」を考え、行動中心アプローチに基づいた協働学習スタイルの授業の中で、実社会で生きる日本語の運用力を養っていきます。
当校の授業スタイルを、ワークショップで是非ご体感ください。
【ヒューマンアカデミー日本語学校東京校の特徴】
・「教師が教える」ではなく、学習者が中心になって動く活動型の授業
・実社会で生きる日本語の運用力を育て、問題発見力や解決力等、社会人基礎力を養成
・ヒューマンアカデミー日本語学校のオリジナル教材を使用
・オンデマンド型の教材とクラス授業の併用で反転授業を実施


B337|授業支援システムschoolTaktを使った「みんなで学び合う」学習環境(仮)

①B337

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)13:30~14:30

④304教室

⑤授業支援システムschoolTaktを使った「みんなで学び合う」学習環境(仮)

⑥株式会社コードタクト

⑦ schoolTaktは、一斉授業・協働学習・反転授業どんなスタイルにもフィットし、端末など機種を問わず利用できる授業支援システムです。
生徒の学習状況をリアルタイムに把握でき、解答を共有することで「みんなで学び合う」学習環境を構築できます。

B342|グローバル社会で求められる未来の英語教育

①B342

②<企業セミナー>

③12月24日(月)15:00~16:00

④303教室

⑤グローバル社会で求められる未来の英語教育

⑥西方志津子(ヒューマンアカデミー株式会社 ヒューマン国際大学機構 語学教育研究書 マネージャー)

⑦グローバル社会で求められる未来の英語教育として、4技能ディスカッションを紹介いたします。早稲田大学英語部(WESA)で行うディスカッション大会の内容を、中高生用にアレンジした新しい提案です。指導法や大会参加基準、模擬授業等を行います。