■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

以下は2018年12月開催
第1回MiRACON
のものです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

MiRACON – Summer Seminar 2019

メインテーマ
~企業×教育現場 コンテンツ・サービス実践事例~

企業(教育関連)が提供するコンテンツと教育現場でのより良い使い方やコンテンツの活用方法を、実践事例を元に考え、企業と教育現場のマッチングを目指します。

〇日本国内外で最先端の教育を行っている多様なコンテンツをクローズアップして紹介します。
〇学校・企業・教育団体などの枠を超えた、教育関係者同士の相互交流の場と機会を設定します。
〇未来を担う子どもたちが、21世紀を生きる資質と能力を養い高めるために、今、教育で何ができるのかについて、国内外で最先端を行く「未来の教育コンテンツ」の姿をワークショップや授業スタイルで紹介します。
〇多くの教育関係者、そして保護者や一般の方々に参加・体験していただくことで、未来の教育に関する様々な関心を高め、それにより近未来の教育の姿を創造できる場とします。

 

概要
日時:2019年7月15日(月:海の日) 10:00~17:30
会場:村田女子高等学校 東京都文京区本駒込2-29-1
対象:学校教員、教育関連事業者
目的:「未来の教育コンテンツEXPO 2019」
プレイベント及びコンテンツの実践事例紹介
参加見込み:300~500名
参加費:無料
後援:経済産業省(予定)
プログラム
■基調講演(3階多目的室)
・10:30~11:30 登壇者:福原 紀彦氏(中央大学 学長)
・13:00~14:00 登壇者:千村 保文氏(沖電気工業株式会社 経営基盤本部
OKIイノベーション塾 塾長兼 政策調査部主幹)
■交流会(地下)
・14:00~15:00
■シンポジウム(3階多目的室)
・15:30~17:00 「プログラミング教育は未来に何をもたらすか(仮)」
・小学校でプログラミング教育を実践している先生
・プログラミング活動の場を提供している企業
・プログラミング教育の実践者
■実践事例紹介(205教室・305教室)
■企業展示/セミナー(204教室・206教室・304教室・306教室)

MiRACON2018


■未来の教育コンテンツサマーセミナー(2019年7月15日(月・海の日))
■未来の教育コンテンツEXPO(2019年12月21日(土)22日(日))村田女子高等学校)
内容が決まりましたらご案内いたします。


https://sanka-miracon.jpeca.jp/
プログラム 12月20日版

〇当日スムースにご入場頂くために・・
⑴ ご入場前に、当サイトの「事前登録」から送られたメールを表示できる状態にしておいてください。他サイトから申し込まれた場合も同様です。
⑵ ⑴以外の方は、ご入場前に名刺をご準備ください。
⑶ ⑴⑵以外の方は、受付にある「登録カード」にご記入頂くか、当サイトの「事前登録」を行なって頂きます。「事前登録したが、そのメールが見つからない」場合も、改めて「事前登録」を行なうことができます。受付で登録の有無をお調べすることはできませんので予めご承知おきください。
〇校内土足禁止です・・
受付後にシューズカバーをお渡ししますので、靴に被せてからお進みください。
〇講演・登壇される方、出展関係者の方は・・
受付でお申し出ください。ご案内いたします。「事前登録」とシューズカバーは必要です。

タイムテーブル

教室でご登壇される頂く皆様
お知らせの再確認です。パソコンはご持参ください。

未来の教育コンテンツEXPO2018
MiRACON2018

日時:2018年12月23日(日)・24日(月)9時30分~17時30分
会場:東京都文京区本駒込2-29-1 村田女子高等学校

展示・体験・イメージ
~未来メーカーズが集まる教育コンテンツの文化祭~

開催趣旨

「未来の教育コンテンツEXPO2018」は、「教育コンテンツ」の「今」そして「未来」に関するツールやプロダクトを実際に体験できる場と機会を用意し、多くの方々が「教育コンテンツ」の未来について、具体的なイメージを描くことができるようにしたイベントです。
〇日本国内外で最先端の教育を行っている多様なコンテンツをクローズアップして紹介します。
〇学校・企業・教育団体などの枠を超えた、教育関係者同士の相互交流の場と機会を設定します。
〇未来を担う子どもたちが、21世紀を生きる資質と能力を養い高めるために、国内外で最先端を行く「未来の教育コンテンツ」の姿をワークショップや授業スタイルで紹介します。
〇多くの教育関係者、そして保護者や子ども、一般の方々に参加・体験していただくことで、未来の教育に関する様々な関心を高め、それにより近未来の教育の姿を創造できる場とします。

未来の教育に視点を当てた6本の基調講演をはじめ、企業代表・行政関係者・大学教授などによる「これからの教育が目指す姿」及び多言語教育・日本語教育・英語教育関係者による「外国語教育 未来の在り方」のパネルディスカッション、介護・福祉教育の未来にフォーカスしたフォーラム、中高生の英語4技能を映画コンテンツで競うイベントの紹介、SDGsや環境教育団体のワークショップ、VRやロボットを使った授業、WEBアプリやプログラミングコンテンツなど、教育に関する様々なコンテンツを学校の教室を使って体感していただきます。

本イベントのテーマである「展示・体験・イメージ」を来場の皆様で体感していただき、明るい未来を一緒に目指しましょう。

未来の教育コンテンツEXPO2018 実行委員会
一般社団法人 日本教育基準協会 白戸治久

(フォーム入力後にお送りするメールが無料参加証になります。当日、入場時にスマホ等で提示頂きますので予めご準備をお願いします。ご登録頂いていても提示頂けない場合は有料とさせて頂きますのでご承知おきください。当無料参加申込みは開催前日までです。)

開催概要
主催
未来の教育コンテンツEXPO実行委員会
一般社団法人日本教育基準協会
後援
経済産業省
文京区教育委員会
日時
2018年12月23日(日)- 24日(月)9時30分~17時
会場
村田女子高等学校
東京都文京区本駒込2-29-1
アクセス
地下鉄都営三田線「千石」駅下車徒歩2分。
地下鉄南北線「駒込」駅下車徒歩12分。
JR山手線「巣鴨」駅・「駒込」駅下車徒歩13分。
協力
アースキッズ株式会社、アディッシュ株式会社、NPO法人英語運用能力評価協会、教育デザイン研究所、クラウドエース株式会社、積才房合同会社、株式会社増進堂・受験研究社、株式会社デジタル・ナレッジ、ユーフォーブックス株式会社、株式会社ルックデータ出版(塾ジャーナル)、株式会社RSG、日本アクティブ・ラーニング学会
協力校
神田外語大学
協賛
株式会社コードタクト、ジョイズ株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社デジタル・ナレッジ、ヒューマンアカデミー株式会社国際人教育事業部HAJL営業部東京校、ヒューマンアカデミー株式会社語学教育研究所、株式会社WARK
お問合せ先

1219|東京外国語大学・神田外語大学共同開発の無料ウェブ教材「世界の英語モジュール」の紹介

①1219

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)14:00〜15:00

④207教室

⑤東京外国語大学・神田外語大学共同開発の無料ウェブ教材「世界の英語モジュール」の紹介

⑥矢頭典枝(神田外国語大学 外国語学部英米語学科 教授)

⑦日本の英語教育の現場には、世界中から外国人がやってきて英語を教えています。日本の英語教育ではアメリカ英語を規範としていますが、日本の英語学習者たちだけでなく英語教育に従事する人々は、近年加速する英語の多様性を前向きにとらえ、アメリカ英語以外の英語は「間違い」であるという認識を改めるときに来ています。「世界の英語モジュール」(通称「英語モジュール」)は、大学生だけでなく、英語教員、高校生、社会人など、幅広い層の日本の人々が、世界の様々な英語の違いを体系的に学習することを可能にするツールです。これを活用してアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、カナダ英語、シンガポール英語、アイルランド英語を聴き比べてみましょう!


1451|AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ

①1451

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月24日(月)12:00~12:50

④203教室

⑤AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ

⑥服部聖彦(埼玉工業大学准教授)

⑦AI時代を生き抜くためのプログラミングワークショップ