MiRACON – Summer Seminar 2019

メインテーマ
~企業×教育現場 コンテンツ・サービス実践事例~

企業(教育関連)が提供するコンテンツと教育現場でのより良い使い方やコンテンツの活用方法を、実践事例を元に考え、企業と教育現場のマッチングを目指します。

〇日本国内外で最先端の教育を行っている多様なコンテンツをクローズアップして紹介します。
〇学校・企業・教育団体などの枠を超えた、教育関係者同士の相互交流の場と機会を設定します。
〇未来を担う子どもたちが、21世紀を生きる資質と能力を養い高めるために、今、教育で何ができるのかについて、国内外で最先端を行く「未来の教育コンテンツ」の姿をワークショップや授業スタイルで紹介します。
〇多くの教育関係者、そして保護者や一般の方々に参加・体験していただくことで、未来の教育に関する様々な関心を高め、それにより近未来の教育の姿を創造できる場とします。

 

概要
日時:2019年7月15日(月:海の日) 10:00~17:30
会場:村田女子高等学校 東京都文京区本駒込2-29-1
対象:学校教員、教育関連事業者
目的:「未来の教育コンテンツEXPO 2019」
プレイベント及びコンテンツの実践事例紹介
参加見込み:300~500名
参加費:無料
後援:経済産業省(予定)
プログラム
■基調講演(3階多目的室)
・10:30~11:30 登壇者:福原 紀彦氏(中央大学 学長)
・13:00~14:00 登壇者:千村 保文氏(沖電気工業株式会社 経営基盤本部
OKIイノベーション塾 塾長兼 政策調査部主幹)
■交流会(地下)
・14:00~15:00
■シンポジウム(3階多目的室)
・15:30~17:00 「プログラミング教育は未来に何をもたらすか(仮)」
・小学校でプログラミング教育を実践している先生
・プログラミング活動の場を提供している企業
・プログラミング教育の実践者
■実践事例紹介(205教室・305教室)
■企業展示/セミナー(204教室・206教室・304教室・306教室)