A350|高等教育問題研究会 FMICS ワークショップ~あなたとわたしの明るい未来の大学~

①A350

②<ミラコン教室 セミナー・ワークショップ>

③12月23日(日)15:00~17:30

④306教室

⑤高等教育問題研究会 FMICS ワークショップ
~あなたとわたしの明るい未来の大学~

⑥高等教育問題研究会(FMICS)

⑦ワークショップでは、大学を元気にしたいという視座により、多面的・多角的に明るい未来の大学のイメージを発表いたします。グループワークでは、参加者全員が参画し、それぞれの発表内容をより具現化するとともに見える化します。


第1回 未来の教育コンテンツEXPO
〜明るい未来を目指すための教育コンテンツとは〜
高等教育問題研究会FMICS ワークショップ
あなたとわたしの明るい未来の大学

 

【日時】
2018年12月23日(日)15時~17時30分

 

【会場】
村田女子高等学校 306教室

 

【プログラム】
15:00 受付
15:15 挨拶 解題
高橋真義(高等教育問題研究会FMICS代表・桜美林大学名誉教授)
15:30 未来の入試
出光直樹(横浜市立大学 アドミッションズセンター准教授)
15:40 未来の学び
長谷川克也(宇宙航空研究開発機構・医学博士)
15:50 未来の図書館
長谷川豊祐(図書館笑顔プロジェクト・慶應大学非常勤講師)
16:00 未来のキャンパス
平嶋はるか((株)竹中工務店 医療福祉・教育本部 教育グループ)
16:10 休憩・移動
16:20 グループワーク
明るい未来の大学を語り合う
ファシリテーター 米田敬子(文教大学生活科学研究所)
17:00 グループ報告
参加者感想
17:15 閉会挨拶 高橋真義
17:20 閉会

 

【発表・参加申込】
事前参加申込み開始は10月下旬を予定しています
MiRACON参加申込みフォームで入力いただくと、ご登録いただいたメールアドレス宛に内容確認メールをお送りします。このメールをスマホ等で確認できるようにして持参いただければ無料でご参加いただけます。

 

【参加費】 事前登録無料 当日1,000円

 

《高等教育問題研究会FMICS》
FMICS(フミックス)とは、”Fusion for the Management of Independent Colleges and Schools”の頭文字をとった名称です。「高等教育問題研究会」や「まずはじめよう会」ともいいます。
1981年3月14日(土)、私学会館にて第1回「まずはじめよう会」が開催されました。2018年9月現在、毎月開催される例会は704回、年1回開催されるシンポジウムは34回となります。会誌「BIGEGG」は毎月、手作業で会員に発送しています。38年間、大学を元気にするための、「ミッション・パッション・アクション」を束ねてまいります。
会員数は約300名、国公私立大学の教員職員学生をはじめとする大学関係者、各種団体・民間企業・官公庁など、様々な方々が参加されています。

 

《主な内容・形式》
ワークショップでは、大学を元気にしたいという視座により、多面的・多角的に明るい未来の大学のイメージを発表いたします。
グループワークでは、参加者全員が参画し、それぞれの発表内容をより具現化するとともに見える化します。

 

《当日の進め方》
参加者全員が参画するプログラムとします。参加者は、解題、4名の発表を聴き、それぞれに気づいたことなどをカード(ポストイット)に記入します。
4名の発表者をリーダーとして、4グループを編成します。カードを縦横無尽に動かしながら全員でディスカッションし、あなたとわたしの明るい未来の大学をイメージします。
最後に、未来の大学を見える化し、グループごとに報告を行い、情報を共有します。

 

【問い合わせ】
yoneda@fmics.org 担当:米田敬子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください